世界中の銘木を使った木のアクセサリー、ウッドアクセサリー

お問い合わせ
0859-63-0655
Pianな日々

Pianな日々Pianの一枚

自作ログハウスでの物作りと暮らしの日々を此処大山から綴ります。

井上尚弥、WBSSを制覇

2019年11月07日(木)

死闘ともいえる壮絶な試合を制したのはモンスター井上尚弥。

ボクシングの採点基準は4段方式で
(1) 有効なクリーンヒット
(2) 積極的な攻撃姿勢
(3) ディフェンス(防御技術)
(4) リングジェネラルシップ(主導権支配)
必ずどちらかに優劣をつけなくてはならないが、3人のジャッジのうち1人は1点の差だった。

尚弥のこんな血だらけの姿は初めて。
ピークを過ぎたと思ったWBAスーパー王者で世界5階級制覇のノニト・ドネアはトレンドだった。
でもそこを勝ち切った尚弥はやはり凄い。






ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)

 異なる団体の世界王者ら選ばれた8人が階級ごとの頂点を争う、高額賞金トーナメント。「階級最強」を決める大会と称し、欧米のプロモーターが創設した。第1回は2017年9月から賞金総額50億円以上をかけ、クルーザー、スーパーミドルの2階級で開催。18年10月からの第2回は、スーパーライト、バンタム、クルーザーの3階級で実施した。

 優勝者には伝説の世界ヘビー級王者、ムハマド・アリ(米国、16年死去)の名を冠したトロフィーが授与される。

 

読み込み中...

PAGE TOP